ランキングアイコン用

「久しぶりですね」

 僕が一週間ぶりに部室に現れると、デスクトップパソコンのスピーカーから英美里ちゃんの声が響いた。

僕が装着している眼鏡型のウェアラブルコンピュータ越しに、彼女の姿が見えた。

 流石に日常的に圧力センサーを搭載した衣服を着るわけにはいかないので、普段は触れることができない。

現在、四谷と木戸は全身に圧力センサーをつけたインナーを開発中である。

その無限とも思える熱意と体力がどこから来るのか、僕はほとほと呆れていた。

「何してたんですか、ここ一週間」

「うん」

 僕はなんとなく答えづらくて、冷蔵庫から麦茶を取り出してコップに注ぐと、それをあおった。

「予備校、行ってたんだ。僕は木戸や四谷みたいに、頭よくないからさ」

 本心ならば、僕も圧力センサスーツの開発を手伝いたかった。

 何かを作ることこそ人生で最高の遊びだと思う集まりが、僕ら科学部なのだから。

 だけれども、僕はまず受験生だった。

 僕が椅子に座ると、英美里ちゃんの姿をした映像が左隣に座る。

椅子が動いたように見えたけれど、実際には動いていない。

眼鏡型のコンピュータ越しに、そう見えているだけだ。

「受験、するんですか」

「うん。四谷たちと同じ大学に行きたいんだ。……ねえ、英美里ちゃん」

「はい、なんですか、先輩」

 僕は、彼女の黒い髪から目をそらした。

目を合わせられなかった。

けれど、やっぱり見てしまう。

今や英美里ちゃんは、最初の頃のようなどこかの漫画やアニメにでもいるようなデフォルトされた体ではなくなっている。

きめ細やかにモデリングされ、調節され、限りなく生身の人間に近く見える。

ボブカットの黒い髪。

高校一年生らしい丸く幼さの残る頬。

そこにニキビやそばかすはなく、アトピーの類いもない。

背も低く、そしてこの学澄川高校の女子制服である校章入りのワイシャツをとチェックのスカートを着ていて、表情には二十一グラムの魂がたたえられている。

 不気味の谷を、いつの間にか越えていた――と僕は思った。

唐突に、そのことに思い至った。

不気味の谷というのは、ロボットを人間に近づけようとすればするほど、不気味に見えてしまう現象のことで、それを超える方法はまだ分かっていない。

 しかし、英美里ちゃんが超えられないはずはなかったのだということも、すんなりと腹の底で受け止めきっている自分がいた。

だって、彼女はロボットではないのだから。

はじめから人間なのだから。

正確には、彼女は不気味の谷を超えたのではなく、最初から超えていなかったというべきだ。

「僕らが卒業したら、君は、どうする」

 英美里ちゃんは、答えに窮した。

数学の問題集のページをめくった瞬間のような顔をした。

驚きまではいかないものの、意表はつかれた、というような顔。

「どうしたらいいと、思いますか」

「……今の君のことを知っているのは、この世界中で僕ら三人だけだ。僕らがいなくなったこの科学部に残るのは、難しいと思う」

「じゃあ、出て行くしかないんでしょうね」

 英美里ちゃんは優しい顔をした。

薄く笑んで、傷だらけの机を見つめた。

「僕らと一緒に、大学に来ないか」

 僕は――その一言に、異様な緊張感を強いられた。

「そのために、……先輩は予備校に?」

 僕は頷く。

さっしのいい彼女は、僕がこのままでは四谷たちと一緒に行けないと言うことと、この話を関連づけた。

英美里ちゃんは、僕ら三人さえいれば、どこへなりとも自由に行ける。

けれど僕は違う。

僕は、生身を持つ人間として、生身の人間が歩くべき道を歩かなければならない。

「あいつら二人には、それぞれやりたいことがあるんだ。もちろん僕にもある。僕にもあるけど、僕はあいつらみたいにはなれない。だから、僕は僕なりに、なれるものを探さなくちゃならない」

 英美里ちゃんは頷く。

その顔を僕は見る。

 そして、言った。

そういう気持ちを言葉にしたのは生まれて初めてだった。

「英美里ちゃん、僕と、付き合ってくれないか」

第13話を読む