英美里ちゃんの居場所ができた。

 そのことは、僕ら三人にとっても喜ばしいことだった。 当面は、科学部の部室にある木戸の私物ボックスが英美里ちゃんの――携帯電話の居場所になった。

誰かの家に行くかという話も出たが、学校でしか会えないほうが楽しいと英美里ちゃんが言うので、そういうことになった。

 明け方――僕らは三人で並んで自転車を漕ぎながら、学校から家に帰っていた。

明日は土曜日で、僕らはきっと昼まで爆睡するのだ。

 僕は明け方の風を飲み込みながら、呟いてみる。

「でもさ。英美里ちゃんを救うために、透明人間のままで人生どうするとかそういう話、沢山したけど、まだ英美里ちゃんって高校一年生でしょ? 遊びたいだろうな」

「確かにな」と四谷が呟く。

「俺らと遊んで楽しいか?」木戸が言う。

「でも、秘密を共有するのは俺らで良いって言ってたんだぜ?」四谷が言う。

 僕らは信号で立ち止まった。僕は二人に言った。

「僕らが高校生なのって、あと一年だけじゃん。……もっと言えば、僕らと英美里ちゃんが同時に高校生なのって、あと一年だけなんだよ」

 木戸が、いまいちよく分からんという顔をする。

けれど四谷は、なんとなくピンときたような顔で僕を見た。

四谷が僕に尋ねる。

「それで、お前、どうしようってえの」

 僕は、……やる気に満ちあふれているときの木戸のような顔が、僕にもできているだろうかと思った。

拳を握り、二人に言う。

「遊ぼうぜ。英美里ちゃんと。いじめられてたって言ってたじゃん。そうだよ、……自殺を考えるくらい、実行しようとするくらい、苦しかったって言ってたじゃん。それなのにさ、さらにまだ、今後の人生について考えなくちゃいけないとか、苦行だろ。そんなの後でいいじゃん。英美里ちゃんはこれからも遊べるかもしれないけど、……僕たちだって、いつまでも遊んでるわけにいかないだろ。四人で遊ぶにはさ……、今しかないんじゃないのか」

 僕は心の中で呟く。

 そうさ――だって高校生として遊べる時間なんて、もう僅かしか残ってないんだ。

 それどころか僕らはもう少ししたら、大人になってしまうのだ。

 遠いと思っていたその場所に、たどり着いてしまうのだ。

 僕の言葉に、木戸が頷いた。

「遊ぶか。……そうだな。そうしよう。一年使って、遊びに遊んでやろうぜ!?」

 僕と木戸とで拳をぶつけ合う。

「でも、どうすればいいのかな。英美里ちゃん、なにして遊べば、楽しめるかな」

 四谷の言葉に、僕は頭を捻る。

 つと、突然木戸が笑い始めたので、僕と四谷は木戸を見た。

「なんだよ」

 僕が尋ねると、木戸が朝日を見上げて言った。

「いや、……もうすでに、科学部の活動からかけ離れ始めたなと思って。でも、まあ俺ららしいか」

 僕は木戸をさらに調子に乗らせることにした。

「そもそも科学っぽいことしてるときのが少ないしね。活動記録なんかこじつけだし、基本的に僕たち適当じゃん。後輩連中には、部長の木戸からうまいこと言っておいてよ」

「よし、俺たちは受験勉強があるから一足先に引退する、ってのはどうだ」

 木戸のおちゃらけた発言に、僕と四谷は腹を抱えて笑い出す。科学部員が受験勉強のために引退なんて前代未聞だった。しかも受験勉強のために引退しておいて、僕らは一年全て遊びに使おうとしているのだ。バカとしか言いようがない。

「よし、そうと決まれば早速明日、いやもう今日だな!」

 木戸が携帯を取り出して、どこへかけ始める。

「は!?」僕は我が目、我が耳を疑った。

「あ、もしもし、英美里ちゃん? 今日どっか遊びにいかねー!? どこでもいいよ! 行きたいところで! 大丈夫大丈夫! 俺ら寝ないのが仕事だから! 寝る子は育つって言うだろ! それってつまり、寝なければいつまでも子供のままでいて良いってことなんだよ!」

 ――うん、うん、でもさあ……。

そうやって、僕と四谷が呆然と見つめる中、木戸は英美里ちゃんと電話し続け、そして約束を取り付けてしまった。

「今日、俺たちと英美里ちゃんの四人でディズニーランドに行くことになった」

 僕は木戸の襟首を掴んで叫んだ。

「寝る時間ほとんどねえじゃん! つーか英美里ちゃんのこと誰が迎えにいくんだよ!」

「全員でに決まってるだろ。今日の十時に校門前な。そうすりゃ昼には着くだろ」

「十時って夜のか?」四谷がすっとぼける。

「俺が二十四進数で時間を言わないときがあったか?」

 僕と四谷は諦めた。

こういう風に、アドレナリンが出てしまったときの木戸は、何を言っても止まらない。

流石に普段から鍛え上げている人間のフットワークの軽さは違う。

このままでは一人でも英美里ちゃんを連れてディズニーランドへ行ってしまうことだろう。

「あのさ、一つ聞いていいか」

 四谷が手を挙げた。

「なんだよ」

「どうしてその行動力があるのに、お前、女の子にもてないの?」

 木戸は朝の冷たい空気を鼻の穴をたっぷり広げて吸い込むと、叫んだ。

「知らん!」

 木戸がサドルにまたがって自転車を漕ぎ出す。

「そうと決まれば、寝るぞおおおおおおおおおおおおおッ!」

「あ、待てこら!」

 僕らは木戸を追いかける。バカが三人揃って、田舎道を疾走する。

第10話を読む