もしも透明人間を軍事利用できたら。

 考えただけでもワクワク――いや、冷や汗をかくような話だ。

 そんな重大な秘密を僕らは部室で抱え込んでしまった。

四谷が腕を組んで、真剣な表情の木戸を見ながら言った。

その声は心なしか楽しそうだった――最早これは理系の性と言うほかない。

「え、なに、俺らFBIとかCIAに命狙われちゃうわけ?」

「それならまだマシじゃね? ロシアとか、北朝鮮とか、イスラム原理主義者とか、軍事利用したがる奴なんてうじゃうじゃいるだろ」

 僕は、四谷と木戸の言葉を黙って見つめることしかできなかった。
 木戸が言う。

「で、ここで一つ。この場にいる全員に聞きたいんだけどさ。……どうする」

「どうするって、」

僕の迷った声に対して、木戸が言った。

「全てのスペックを測定する前に、今この場で決めておかなきゃいけないことが発生したと、俺は思うんだ。つまり、英美里ちゃんの存在を、ここにいる俺たち以外の誰かに漏らすか、漏らさないか」

 四谷が笑みを消して言った。

「漏らせば軍事。漏らさないならお友達、ってわけか」

 木戸が頷く。

 僕は、二人の表情を恐いと思った。

 僕はこの部室に三人で集まって英美里ちゃんの話をしているとき、なんだってできる気分だった。

 つまり、女の子一人を守るということを、この三人でなら簡単にやってのけることができるに違いないと思っていたのだ。

「そんなの、」

 僕の言葉を、木戸が遮った。

「英美里ちゃんはどうしたい。……もしもばらさないで欲しいというのであれば、俺たちは絶対にばらさない。口が裂けても、拷問されたってばらさない。ただし、俺たちが英美里ちゃんのことをばらさないようにするということはつまり、英美里ちゃんの交友関係だとか、人生、行動に大きな制限が発生することになる。それが嫌だと言うのなら俺たちは止めない。ただし、俺たち以外の人間に英美里ちゃんの存在がバレたとき、俺は十中八九、まず間違いなく軍事介入が発生すると思う。英美里ちゃんを捕まえることができなかったとしても、英美里ちゃんを原因とした戦争やテロが起きる可能性を、俺は否定できないよ」

 部室内の空気が凍り付く。

「考えすぎじゃないか」

 四谷が言う。けれど僕は、その四谷に対して窘めるような視線を送ってしまう。

 木戸が考えすぎて、四谷がどうにかなるさと高をくくって、僕がその周りでおろおろしているというのはよくあることではあった。

 そういう意味で、僕は比較的保守的であり、だからこそ今回は木戸の慎重さについていこうと思った。

「僕は四谷の言うことは正しいと思う。例えばさ、言うことを聞かなきゃ俺たちが殺される、みたいな方法で、英美里ちゃんに命令することだってできるだろ。英美里ちゃん一人の問題じゃないよ、これ」

 そのとき、かたっ、とキーボードが動いた。

『ごめんなさい』

 僕らは目配せする。木戸が言った。

「どうして謝る」

『皆さんに、ご迷惑をかけて』

「とんでもない」

『でも、こんなことになるなんて、』

 木戸の前に出てきて遮ったのは、四谷だった。

「わかった、はっきりさせよう」

 四谷が、柔らかく微笑んだ。その笑顔に、ときどき女の子がころっと騙されるのだ。
 そして四谷がゲームやアニメや理系廃人であることを知って、逃げていく。
 英美里ちゃんはどうなのだろうか。
 ひょうひょうと我が道をいく四谷のようなタイプがいいのか、それとも硬派な木戸か。
 姿が見えないため、その表情は窺えない。

 そもそも僕らは英美里ちゃんの顔さえ知らないのだ。
 四谷が優しく問いかけた。

「英美里ちゃん、君はどうしたい。自分の力で生きていけると思う?」

 恐れるように、キーが押される。

『いいえ』

「軍人、あるいは兵器になりたい?」

『いいえ』

「たぶん、木戸の説が正しければ、今の英美里ちゃんだったら最強の諜報員になれると思うけど」

『なりたくありません』

「俺たち以外の人に、今の自分を知って欲しいと思う?」

『思いません』

 即答だった。

 その返答に、驚かされたのは僕たちの方だった。

 僕たちは何でもできると思っていた。

 そして今――もしかしたら僕たちは、自分たちの手に負えないものを抱えてしまったのではないかと恐れを成していたところだったのだ。

 しかし――それは杞憂だったのかもしれない。

 英美里ちゃんもまた、僕らとならなんでもできると、思ってくれていたのだ。

「決まりだな」

 四谷が、僕と木戸を見る。

 こいつは本当に――自分の手柄にするのがうまい奴だな、と思う。

 決まりだ――その言葉一つで、まるでこの流れを四谷が作ったように見えるじゃないか。

 木戸はやれやれと肩をすくめて、言った。

「そうだな。俺たち三人で英美里ちゃんを守る。この世界に透明人間がいるということは、絶対に明かしてはいけない。これが、絶対に守られなければならない最上級のルールだ」

 僕らは頷いた。三人が三人とも、かつてないほどの決然とした表情だった。

「でさ」

 四谷が手を挙げる。

「腹減ったんだけど、購買になんか買いに行かねえ?」

 木戸と僕は、四谷のマイペースさにあきれかえった。

 木戸が唸るように呟いた。

「お前、……ほんと緊張感ない奴だな」

第7話を読む