トップバナーVer105

僕と木戸はびくりと飛び上がった。

 音の方を見た。僅かに、扉が開いていた。

 僕は駆け寄って廊下を見る。けれど、誰もいない。

 木戸が僕の背中に尋ねた。

「な、なんだよ。お前、ちゃんと閉めなかったの?」

「引き戸が勝手に動くわけないだろ」

「この旧校舎、建て付け悪いんじゃねえの」

「引き戸が勝手に動くほど悪いわけねえだろ」

 僕と木戸は顔を見合わせる。

 今までにも先輩や同級生にいたずらをされたことはあったけれど、今回もそれと同じ類いなのだろうか。

 木戸も同じことを考えたらしく、「四谷に電話してみるか」と携帯で同級生のアドレスを探し始める。

 そのとき――かたっ、と背後で音がした。

 僕と木戸は、もう、科学原理主義者にあるまじき恐怖心を抱え込んで、首を動かすことすらままならなかった。

 かたっ、かたっ、かたっ――背後で音がする。聞き慣れた音だ。

「な、なあ。最近の幽霊は、キーボード打つのかな」

 木戸があほなことを呟く。

そのせいで、僕はかえって冷静になった。

「幽霊なんて、んなもんいるわけ、」

 振り返り、そして僕は見た。

 机の上に置いてあるデスクトップパソコンに接続しているメカニカルキーボード――そのキーが、ひとりでに押し込まれていく。

 僕は木戸の腕を掴んで尋ねた。

「な、なんだよ」

「お前、キーボードになんか仕込んだ?」

「そういうギミックは四谷の仕業だろ」

「ちょっと四谷に電話してみてよ。俺、調べる」

「マジ? お前、度胸あんなー」

 喋っていると、二人ともだんだん冷静になってきた。

目の前でキーボードがひとりでに動いているのも、何か仕掛けがあるに違いないという気になってきている。

 僕はキーボードに近づく。

 木戸が背後で「あ、もしもし。四谷、今、大丈夫?」なんて言ってる。

「うん、いやいま部室なんだけどさ。お前、キーボードになんか細工した? うん、知らない? おい、すっとぼけんなよ。お前らなんかイタズラして俺らを驚かせようと、……ほんとに知らないの?」

 僕はディスプレイを見て、固まった。

「おい、四谷知らないって。おい、……どした?」

 木戸が、僕の背後からディスプレイをのぞき込む。

 キーボードの動きは止まっていた。

 ディスプレイには、こう、書いてあった。

『助けてください。とうめい人間になってしまいました』

 僕と木戸は、顔を見合わせる。木戸が呟いた。

「これ、イタズラ、だよな」

 かたかたっ、とキーボードが動く。

 一つ一つキーを押していく拙さに若干いらっとしたものの、僕らの視線はディスプレイに表示されているテキストエディタに吸い込まれる。

『イタズラじゃありません。私はあの服の持ち主です』

 僕は思い切って、部室の空気に向かって声を投げる。

「あなたの名前を教えてください」

 数秒、間があった。

 僕はなんとなく、その透明人間とやらが、ためらったのかもしれないと思った。

 その矢先、キーボードがかたかたと動きだし、そして文字が刻まれた。

『私は一年生の、佐々木英美里です』

 僕と木戸は、再び顔を見合わせる。

「お前、知ってる?」

 僕の問いかけに、木戸は首を横に振った。

「ごめん、俺たち君のことを知らないんだけど、えっと、……マジで言ってんの?」

『マジです』

「な、なんで透明に?」

『私、』

 そこで、五秒くらいキーボードの動きが止まった。

 そしてまた、動き始める。

『自殺しようと思ったんです』

「どうして」

 まだ入学して二週間くらいしか経っていないだろうに。

 突然出てきた物騒な言葉に僕は小さく身震いした。

『中学のとき、ずっと、いじめられてました。保健室登校で頑張って勉強して、この学校に入って、やっと救われると思ったら、私をいじめてた奴も、同じ学校だって、分かったんです』

 木戸が椅子を持ってきて、座った。

 僕は目の前のパソコンを使う専用の椅子に座る。

 完全に、二人して恐怖心はどこかに吹っ飛んでしまっていた。

「それで、自殺しようと?」

『はい。この入学してからの二週間が、地獄の続きだって分かったとき、もう耐えられないって、思いました』

「それで、どうして、」

『今日、屋上から飛び降りようと思って、下校時刻になってからトイレにこもって、屋上の鍵をピッキングして、忍び込みました。でも、勇気が出ませんでした。どうしても飛び降りられなくて、そしたら、』

「そしたら?」

『消えちゃいたいって思った瞬間、風が吹いたんです。そうしたら、私の服も靴も、風にあおられて落ちていきました。そして、下を歩いていた先輩の上に』

 消えてしまいたいと願い――透明人間になってしまった。

 本当に、消えてしまった。

 そうして少女以外の全てが、僕の頭上に落ちてきた。

 僕は、どうしていいか分からなかった。

 科学部同士でイタズラをするのはよくあることではあるが、それにも限度というものがある。

例えばこんな時間に部室に忍び込んでいることが学校にバレれば、部の存続に関わる。

 だから、脅かすことはあっても騒ぎになるようなことはしない。

 それが、僕らの中での暗黙のルールだった。

 わざわざ下着を用意して、キーボードに細工をして、そしてこんな凝った人物設定をする。

 そんな面倒なことをする人間が、部内にいるというのは想像しにくかった。

 ただ単に身内を笑わせるためだけに、ここまで頭をひねるというのは、ちょっと僕ら科学部の嗜好からは考えられないのだった。

 木戸が呟いた。

「戻りたい?」

『いいえ』

 その反応は、早かった。

 用意していたみたいにキーが動いた。

 さらに、木戸が続けざまに問いかける。

「後悔はないんだ」

『はい』

「でも、助けて欲しい」

『はい』

「どうすればいいか分からない」

『はい』

 木戸は立ち上がった。

 携帯を取り出して、電話をかけ始める。

「もしもし、あ、四谷? ああ、わりいわりい何度も。あのさ、……本当にイタズラしてないんだな? ……ああ、うっせえな、嘘だったら牛丼おごれよ。ああ、分かったよ、本当だったら牛丼おごってやるよ。おう、おう、じゃあな」

 木戸が電話を切る。

 なんで牛丼だよとか思うのが半分、木戸と四谷は本当に牛丼好きだなと呆れるのが半分。

「決まったな」

 木戸が、立ったまま僕に言った。

「は?」

「でかいことだよ」

 でかいこと――今年が高校最後である僕ら科学部がやらなければならない、でかいこと。

「まさか、」

 僕は、木戸のバカ面を見て、唖然とした。

木戸が分厚い胸を張って言った。

「俺たち科学部の力で、英美里ちゃんを救おう」


第4話を読む

風に煽られるたび、僕は後ろめたさを抱き締めた。

昔から、風はあんまり好きじゃなかった。

上着を捲られるたびに、周囲の人に僕の内面を盗み見られるような気がしていたから。

それはなんだかとても後ろめたいことだった。

心の中と表に出す部分というのは誰でも違っているものだろうけれど、僕は誰かれ構わず内面を見られるのがあまり好きではなかった。

その、しかつめらしい感情を隠しながら歩くという行為は、幼い頃からとても後ろめたいものだという感じがしていた。

だから、力任せに僕をさらけ出そうとする風が、嫌いだった。

 

今日の風はそこまで強くはなかった。

けれど、僕が抱えていた女性ものの下着を奪う可能性は十分に秘めていた。

いま誰かに見つかったら大変まずいことになるな、と思いながら、僕はそそくさと部室へ向かうのだった。

 僕は旧校舎へ向かっていた。
 旧校舎と言っても建物が新旧独立しているわけではない。
 継ぎ足すように建てられた新校舎に対して、古くからある建屋の方をみんな旧校舎と呼んでいるのだ。

 旧校舎の方は、主に音楽室や理科実験室などの専門教室と、文化部の部室棟として使われている。
 僕は慣れた手つきで男子トイレの窓からよじ登って中に入入った。
 そして、科学部の部室へと向かった。扉を開けて中に入りながら僕は呟く。

「ただいまー」

 部屋の中には、一人だけ先客がいた。
 僕と同じ、三年生で部長の木戸彰だ。
 筋肉バカの木戸は、握力を鍛えながら、パソコン雑誌を読んでいるところだった。

「おう、おかえり、……って、なんだそれ」

「降ってきた」

「降ってきたあ?」

 僕が部屋の中央にある机の上に少女以外の全てを置く。
 木戸が雑誌を置いて駆け寄ってきた。
 科学部の部室は、教室を半分に割ったくらいの大きさだ。
 そこには机以外にもロッカーやホワイトボード、工作用の机にパソコンなど、様々なものが置いてある。
 何をする部活なのかとよく聞かれるのだが、決まって「何って、科学する部活だよ」と返答するのが僕らの美学だ。

 なぜ午前三時過ぎに忍び込んでまで集まっているのか。

それは、僕と木戸とで作戦会議をするためだった。

 僕と木戸を含む僕ら科学部三年生は、卒業を前に何かでかいことをしてやりたいと考えていた。
 受験勉強しろよと言いたくなるかもしれないが、こう見えて科学部は成績優秀な人間が集まっている。
 校内の進入ルートを確保している隙のなさと同様にして、試験勉強や大学入試への対策も、伝統的にばっちりなのだった。

 本来ならば春休み中に計画を立ててしまわなければならなかったのだ。
 しかし、木戸が「自転車旅行に行こうぜ!?」と言い出したせいで、僕らの春休みはまるまる全て、本州自転車一筆書き旅行に費やされてしまった。
 そのせいで、でかいことをしようというでかい口を叩きながら、僕らはろくな計画を立てることができなかったのである。
 そんなわけだから、部長の木戸と副部長の僕は、でかい口を叩いた手前、寝る間も惜しんで作戦会議をしなければならないという段に至ったのである。

「どっから盗んできたんだ」

「いや、盗んでねえよ」

 木戸はワンピースの襟首のタグを見る。
「LLかよ、でけえな」とか、「うお、生ブラジャーじゃん!」とか、「靴もでけえ。お前よりでかいんじゃない?」とか言っていた。
 木戸の太い指につままれた靴を受け取る。
 実際に自分の足と比べてみると、僕のほうがぎりぎり大きいくらいだった。
 僕は、男子にしては足の小さい方だ。
 それにしてもワンピースのサイズといい、小柄な女の子ではなさそうだった。

 木戸はいかにも科学部らしいチェックシャツとジーンズ姿で唸った。
 木戸は、服装だけなら引きこもりのオタクぽい。
 それなのに、内側から太い筋肉が張り出ているため、運動部が無理してオタクのコスプレをしているようにしか見えない。
 僕らの学校は私服校なので、僕もTシャツの上に薄手のジャケットを羽織っただけというラフな恰好だ。
 二人して眼鏡をかけているのも、二人して理系の例に漏れずド近眼だからである。

「お前、こんなでかい女の姉か妹、いたっけ」

「いや、いないけど」

「じゃあ、お母さんの?」

「いやだから盗んだわけじゃなくて、空から降ってきたんだって」

「空からこんなもんが降ってきてたまるか!」

「僕に言うなよ! 僕だって意味わかんねえんだから!」

 そのとき――がたんっ、と音がした。

第3話を読む

 空から少女以外の全てが降ってきたのは、闇も寝入った午前三時のことだった。

 僕はそのとき、ひそひそと月明かりから逃げるような足取りで校内を歩いていた。
 澄川高校科学部伝統の《監視カメラ回避ルート図》はすっかり頭に入っており、この時間は見回りの警備員もいない。
 だからといって肩をいからせて歩くような度胸は、平均身長に満たない僕の体には残念ながら宿っていない。
 正門前の大通りを肛門が破裂したような音でかっ飛ばしているバイクの存在にびくりと体を震わせながら、僕は部室へのルートを急いでいた。

 ごつん、といきなり僕の頭に何か堅いものが当たった。

「いてえっ」

 僕は頭を抱えてうずくまり、涙目になりながら事態の理解に努めた。
 何かが頭に当たったのだ。
 そこは裏門から部室棟へ続く見通しのよい通路だ。
 木が生えているわけでもなければサッカー部や野球部が使う物干し竿があるわけでもない。
 僕はすぐに、何かが落ちてきて頭に当たったのだと思い当たった。
 立ち上がろうとした矢先、ばさりと頭の上に何かが落ちてきた。

「うひゃっ」

 僕は、去年の文化祭で僕のクラスがやったお化け屋敷を思い出した。
 僕はお客さんの頭の上から湿ったワイシャツを落とす役をやっていたのだ。
 副校長が呼び込みの女子生徒に根負けして入ってきたので、僕は意気揚々とワイシャツを落とした。
 そのとき副校長があげた声と、今、僕があげた声はそっくりだった。

 その後、お化け屋敷から出てきた副校長が、髪の毛を失うという大事件があったものの、それはたぶん僕のせいではないだろう、断じて。

 今、僕は冷静だった。
 僕がまだ一年生だった頃、科学部伝統の《監視カメラ回避ルート図》によくトラップが仕掛けられた。
 そうして、下を向いて歩いていた僕の頭に、よく科学部の先輩たちがトラップとして仕掛けたコンニャクや毛布が落とされることがあった。

 頭に被さったものをどけて上を見るが、何もない。

 僕は頭の上に落ちてきたものを掴んで目の前に掲げた。
 非常灯と月明かりを頼りにそれが何なのかを目を懲らしてみる。

「……なんだこれ」

 ワンピースだった。
 色は暗くて判別できないが、たぶん、オレンジとかピンクとか、そんな色だった。
 ふりふりの奴じゃなくて、大人しい女の子が着てそうなやつ。
 カーディガンも一緒だった。
 僕は下を見ると、地面には女ものの靴が転がっていた。
 ヒール部分が少し高くなってて、……こういう靴をなんて言うのか僕は知らないけれど、ハイじゃないヒール、とでも呼べばいいのだろうか。
 なんかまあ、足の甲が見えるかわいらしい奴である。
 それが落ちてた。

 たぶん、その靴が僕の大切な頭を攻撃したのだろう。

 僕は首を傾げた。一体何のイタズラだろうか。

 女物の服と靴。そして、よく調べてみたところ、なんとなんと、パンツやブラジャーまで、まるまる一セットが落ちてきたのだということが分かった。

 中身は、どこを見ても見つからない。

 少女を描き出すためのギミックのみが僕の手の中にあり、肝心の少女そのものは、どこにもいない。

 どうしたことだろう、と思いながらも、僕は一セットを放置して立ち去るのもなんだか気持ち悪いと思い、それらの衣服を抱えて、文化部の部室棟を目指して再び歩き出したのだった。


第2話を読む

このページのトップヘ